家やマンションにローンが残っていても売却可能ですか?

家やマンションにローンが残っていても売却可能ですか?

不動産を売却するには、売却時にローンをゼロにしておかないと売買は成立しません

 

したがって、ローンが残っていたら売却はできません。

 

ただし、たとえばローン残高が2000万円で、売却見込み額が3000万円である場合、様々な手数料を差し引いても売却額は2000万円を上回りますので、この場合は、売却額でローンを完済することを条件に、売ることは可能です。

 

また、新たにローンを組むことが可能で、残ったローンをそっくり新たなローンに引き継ぐことが可能なら、この場合も売却できます。

 

 

いずれにしても、ローンが残っているけれど事情があって家やマンションを売りたいケースはよくあることです。

 

こういうケースでは、自分一人で悩まずに、不動産会社の担当者に相談するのが一番です。

 

担当者にとって、ローン残りなどは実によくあるケースで、レアケースでも何でもありません。

 

日常的に接しているごく当たり前のケースです。

 

だから、どういう対処法があるか、丁寧に教えてくれます。

 

新たにローンを組めるかどうかも相談に乗ってくれますし、ローン残高と売却額がほぼ同じくらいの場合、売買取引によって生じる各種手数料などがいくらかかり、実質的売却額がいくらになるか、それゆえ売却額だけでローンが返済できるかできないか、そういう詳細に関しても教えてくれるので安心です。

イエウール イエイ

提携1200社超・最大6社査定


(全国対応)

利用者300万人突破・最大6社査定


(全国対応)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県