マンションや家は不動産会社を通さず売却することは可能?

マンションや家は不動産会社を通さず売却することは可能?

不動産の売買に不動産会社の仲介は必須条件ではありません。

 

個人対個人で取引可能です。

 

あなたが不動産会社の元社員で、不動産取引に関する法律や事務手続きに詳しい方なら、一連の手続きをすべて自分でやるのもいい選択肢だと思います。

 

けれども、あなたがごく普通の一般人であるなら、それは決して得策ではないです。

 

 

というのも、マンション、家、土地などの取引には、広範囲にわたる専門知識が必要になり、事務手続きにおいても、注意すべき点が数多くあるからです。

 

一般の人が無理してやると、後でトラブルが多発することもよく知られています。

 

 

 

不動産を売り買いする場合、権利関係の調査や、各種書類の作成を行う必要があります。

 

民法の関連条項も把握しておく必要があります。

 

これらはとても一個人が一人でできるものではありません。

 

 

 

個人対個人で取引した過去のケースでは、数多くのトラブルが発生しています。

 

赤の他人同士の取引はもちろん、親せきや友人、知人とのあいだの取引であっても、契約の不備などが原因で様々なトラブルが発生し、裁判にまで発展するケースも稀であはありません。

 

大金が絡む事柄なので、どうしてもこういう事態が起こってしまいます。

 

 

 

専門の不動産業者があいだに入っていれば、事前にトラブルの芽を摘んだ状態で契約を交わしますし、万が一トラブルが発生しても、的確に対応してくれます。

 

不動産業者に支払う<仲介手数料>が惜しいがために、自分で手続きをやってしまおうとお考えの方がいるとしたら、後で後悔することになるでしょう。

 

様々な労力、トラブルのことを考えたら、<仲介手数料>はそんなに高いものではないと思います

 

 

 

それと、ここが一番肝心なところですが、一個人で買い手を探す場合は、どうしても範囲が限られてきます。

 

不動産会社に仲介を依頼すれば、広いネットワークの中から買い手を探してくれるので、より高い金額で売却することができます。

 

そうなれば、結局、<仲介手数料>分を稼ぎ出してくれるというものです。

 

色んな意味で、プロの手を借りた方が得策ですよ。

イエウール イエイ

提携1200社超・最大6社査定


(全国対応)

利用者300万人突破・最大6社査定


(全国対応)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県