「買取」と「仲介」はどこがどう違うのですか?

「買取」と「仲介」はどこがどう違うのですか?

不動産を売却したいという場合、通常、不動産会社に間に入ってもらうと思います。

 

その際、あなたの物件を<買取>される場合と<仲介>される場合とがあります。

 

この両者の違いは何でしょう?

 

 

 

まず<買取>ですが、このケースでは、不動産会社があなたの物件を直接買い取ってしまいます。

 

誰か第3者に紹介するのではなく、不動産会社そのものが買い手になるのです。

 

この場合は、当然というべきか、仲介手数料は発生しません。

 

あなたが知り合いの誰かに直接売却するのと同じ扱いです。

 

 

 

これに対して<仲介>の場合、不動産会社はあくまでも紹介者の役割を果たします。

 

あなたとあなたの物件を欲しい人との間に立って、話がまとまるように段取り良く話を進めます。

 

話がまとまれば(商談が成立すれば)、あなたは不動産会社に対して、仲介手数料を支払います。

 

 

 

一般的に、売却価格は<買取>の方が安くなります

 

なぜなら、買取の場合、不動産会社は新たな購入希望者を探す手間暇をかけず、即自分で買ってしまうからです。

 

余計な時間を費やさずに済みます。

 

ただし、商売なので、いずれその物件を転売することが目的で購入するわけですから、やや低めの価格で買い取らないと商売になりません。

 

 

 

<仲介>の場合、売却価格は、結果として、<買取>より高くなることが多いです。

 

しかし、最終的に商談がまとまるまでにはある程度の時間がかかるのが普通です。

 

売りに出してすぐに買い手が見つかればいいのですが、数か月はごく普通にかかります。

 

場合によっては、1年経過しても買い手が見つからない場合もあります。

 

そんな場合は、やむを得ず売値を下げる必要も出てくるでしょう。

 

 

 

以上のように、<買取>と<仲介>にはそれぞれ特徴があるわけですが、すぐにでもお金に変えたい場合は<買取>を、ある程度時間に余裕がある場合は<仲介>を・・・・・という感じではないでしょうか。

 

ちなみに、不動産会社に<買取>してもらった場合は「瑕疵担保責任」も不動産会社に移行します。

 

ですから、物件引き渡し後の一定期間、物件に不具合が生じた場合も、あなたに修復義務は生じません。

 

すでに売却済みなのですから。

 

 

 

家やマンションの売却を検討する場合、1社だけで話を進めるのは危険です。

 

必ず複数社で比較するべきです。

 

会社によってこんなにも値段が違うのかと驚くはずです。

 

後で後悔することがないようにして欲しいです。

イエウール イエイ

提携1200社超・最大6社査定


(全国対応)

利用者300万人突破・最大6社査定


(全国対応)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県