「中古一戸建て」で売却するか、更地にして「土地」で売るか?

「中古一戸建て」で売却するか、更地にして「土地」で売るか?

たとえば、親が亡くなってそれまで住んでいた土地建物が遺された場合、それをどう処分するかは大きな問題になります。

 

親族で誰もその家に住む意思がなければ、売却を検討しなければなりません。

 

その際、土地・建物をそのままに「中古一戸建て」として売りに出したほうがいいのか、それとも、家を取り壊して更地にし、「土地」として売りに出したほうがいいのか、判断に迷うところです。

 

 

 

一般的に、建物の価値は築20年で資産価値はゼロになるといわれています。

 

だから建物の築年数が一つの判断材料となるでしょう。

 

とはいえ、築20年でも、手の入れ方次第で「まだまだ使える物件」である場合もあれば、「ボロボロの物件」である場合もあるわけです。

 

そこは建物の現状次第という側面もあります。

 

ただし、ほとんどのケースで言えることは、築40年を過ぎた木造住宅の場合は、取り壊して更地にした方がいい、ということです。

 

その方が買い手が見つかりやすいと思います。

 

 

 

また、一般論としても、更地の方がより多くの買い手が見つかる可能性が高いです。

 

建物には好みがあるので、買い手の心に刺さる建物ならいいのですが、そうでなければいつまもでも売れ残るケースも出てきます。

 

 

 

また、以前は更地にしてしまうと固定資産税が6倍になる税制でしたが、今後はそんなデメリットもなくなります。

 

 

 

それから、中古一戸建てとして売りに出した場合、買い手が決まるまでの間、建物を管理する必要が生じます。

 

火事の心配もしなければいけませんし、台風などで傷んだら修理も必要です。

 

また売却までに、土地と比べて、どうしても時間がかかりがちです。

 

 

 

どちらにするか判断に迷ったら、一定期間、まずは中古一戸建てとして売りに出してみてはいかがでしょう。

 

その期間で売れればありがたいことですし、もし売れ残ったら、建物を取り壊して更地にすることをその時点で真剣に考えればいい・・・ということになります。

 

これも一つのやり方でしょう。

 

 

 

それと、やはり不動産会社に相談してみるのが一番かもしれません。

 

地域によっては、不動産価格は長期下落傾向に歯止めがかからないところもあります。

 

先に延ばせば延ばすほど損する可能性が高い場所もあるでしょう。

 

プロの意見はこういう場合とても貴重です。

 

自分一人で悩まずに、専門家の意見に耳を傾けてみてはいかがでしょう。

イエウール イエイ

提携1200社超・最大6社査定


(全国対応)

利用者300万人突破・最大6社査定


(全国対応)

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県